効果的な育成法

はじめに

選手の育成は施設が充実していないと満足な練習は行えません。また監督の能力、留学もとても大切です。 ここでは私が選手を育成する際に行っている練習方法や気をつけていることを紹介します。 あくまで私の行っている育成方法なので参考程度に考えてお読み下さい。

施設について

クラブハウスがLV5以上にしており施設を充実させているのが一番いいのてですが、最初はなるべく多く練習を行うためにマッサージルーム、サウナなどの疲労回復効果のある施設から増設するのをおすすめします。 その後プール、スピードジム、パワージム、戦略分析室、データ分析室などを増設するといいと思います。 練習場はもちろん2面、芝長、照明などはなるべくはやめに建設しましょう。

監督による育成効果について

監督はチームの戦術、システムが合っている監督を選ぶのが大切ですが、やはり能力の高い監督(能力の高いおすすめ監督は「おすすめ監督」参照)にしているのがいいでしょう。 また能力の高い監督は試合育成能力も非常に高いので、試合に出場させるだけけで選手は成長します。

試合育成について

試合育成は試合に出場させるだけで効果があります。試合に出場させる時は適正を上げるためにポジションをコロコロ変えずに同じポジションの同じ位置で出場させるようにしています。

留学について

留学は選手育成に欠かせません。留学は各ポジションに合った留学先に行かせる事が大事です。 留学に行かせるタイミングは選手の成長のピーク時がおすすめですが、ある程度選手を育成させてからの方が効果的です。

連携を考える

連携タイプの悪い選手同士に同じ練習を行うと選手の不満はたまります。 練習は連携タイプを考え3つくらいに選手をグループ分けして同じ練習を行うことでより効率よく行えます。

連携例

例えば上図のようなメンバーの場合「河本、杉下、立浪、デルペーネ」で1グループ「多古、萩原、岬、三神」で2グループ「玖珂、星野、邑久村」で3グループなどと連携を考えグループ分けし練習を行います。

練習メニューについて

基本的に練習は月に8回ともギッシリ行い、休みは臨時休養で行っています。最初は全体練習の「フィジカル」をだいたい2ヶ月行いその後、個人練習のテクニカルを左上から順番に2ヶ月ずつ行っています。 一応4週後半はポジション別を必ず行い、毎年2月は「フィジカル」10月「システム」12月「戦術」と決めてその月だけは集中して練習を行っています。 そしてある程度選手が育ってきたら、足りないものを補う練習を行いポジション別やウイングの場合はウイングなどを多く練習にとりこむようにしています。 また個人練習のテクニカルを行う場合はFWはシュート、MFはパス、ドリブル、DFはパスカット、マンマーク、タックル、GKはセービング、飛び出しなどから行うとより効果的です。

サカつく3攻略+サカつく2002攻略

サカつく2002攻略情報

効果的な育成法